旅行と美味しいもの


by momokka

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のコメント

*アラックさん* こち..
by momokka at 21:40
大変ご無沙汰しています、..
by umi_bari at 05:53
*sayayaさん* ..
by momokka at 20:35
momokka さん ..
by sayaya1234 at 21:49
*Nakaさん* そう..
by momokka at 21:41
自然界にはなさそうな色を..
by hotel-bar at 10:33
*アラックさん* 桜の..
by momokka at 18:43
ご無沙汰しています、アラ..
by umi_bari at 09:31
*アラックさん* アラ..
by momokka at 17:33
日本人は、無理難題を言わ..
by umi_bari at 12:26

タグ

(188)
(123)
(110)
(74)
(72)
(62)
(59)
(51)
(44)
(38)
(29)
(29)
(27)
(23)
(19)
(19)
(18)
(16)
(12)
(11)

フォロー中のブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
空のポケット*Pocke...
VAMOS!
Pieces of Bali
道楽のススメ
bunga☆bunga
旅するねこ毛
ほてるふぉと
Sky is the l...
遊び放題、食い放題 (元...
yuru run*run...
Hinagiku's d...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
[認知療法]カウンセリン...
バリ島まるかじり!
カユマニスの香りに誘われて
カンボジア Cheers
極楽旅☆memo
気ままにオージーLIFE
台湾出稼ぎ、ぼっち放浪記
ENAK!DAYS
Bagus sekali!
☆パリ案内☆Coaki ...
Life is Wond...
九峰の備忘録
Matur suksem...
東京ホテルバー日記
バリ島大好き

外部リンク

エキサイト以外のリンク

以前の記事

2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 02月

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
モンテール直売店(∩)´..
from きゅーのむにむに日和(ノ)・..
ジャカルタ・リラクゼーシ..
from 投資一族のブログ
雨上がりのレゴンダンスデ..
from 道楽のススメ
そうだ、餃子を食いに行こ..
from 腹ペコ隊が行く!!大盛り、特..
これがシロノワールだッ(..
from もひょつんち
綺麗な海にまつわるエトセトラ
from 綺麗な海にまつわるエトセトラ
リゾートホテル
from リゾートホテル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スイーツ

画像一覧

カテゴリ:バリ( 217 )

旅って


e0139926_0173359.jpg
先日、はるららさん食生活を見直すを読ませて頂いて、ここにも同じ人がいらっしゃるんだと思いました。

先週、伯母は76才で8時間に及ぶ胸部大動脈瘤の手術を済ませ退院してきました。
鎖骨辺りにあった瘤を取り除く為に、L字型に胸を切っていったらしいです。術後の痛みは大変だったろうなと思って私が聞いた時に、伯母は「母や私と海外旅行に行った時のことをつらつらと考えて過ごした。」と言っていました。
手術中、私が「また旅行に行けるように、こっちの世界に帰ってきてよ。」と祈っていたことを伯母は知りませんが、やっぱり同じ気持ちだったんだなと思いました。


かく言う私も、私自身の病気ではありませんが、息子のながーいアトピーと不登校の戦いがありました。2002年バリへ行きだした時は、まさにその真っ只中。

青森まで治療に行くも結局駄目と見切りをつけ、脱ステロイドを選んだ数ヶ月は、地獄でした。
虐待を通報されやしないかと思うぐらい、入浴前に子どもは泣き叫び、夜中はずっと背中を掻いて、母子で鬱状態も経験しました。漢方の名医と出会って、息子にやっと明るい未来が見えてきたと思ったら次は長女がアトピー悪化と不登校。全てがやっと落ち着いたのは、ここ1年でしょうか?

そんな中ずっと私をささえてくれたは
『旅の妄想は構想へ、そして野望となる。』(はるららさん勝手に引用させてもらってます。)
まさにその言葉どおり、野望へ向けての、明るい未来にすがりついていました。

旅好きには、旅は魔法。
過去の旅までも、活力源となり
旅はお金を遣うばかりで、なーにも形には残らないけど、人生の宝物となって私達の心に残っていく・・・そんなことを再認識したここ数日でした。

(PS.長男は現在薬のお世話になっておらず、長女もかなり良くなっています。学校もちゃんと行っています。^^)
by momokka | 2009-02-05 00:14 | バリ | Comments(4)

インドネシアのコスメ サリアユ kirei

e0139926_20434480.jpg


今日で1月も終わりですね~。
この時期は旅行には、お値打ち価格のツアーが多いので、新聞やネットで目にする度にどこかへ飛んでいってしまいたくなるmomokkaです。

今日は、お気に入りのコスメの写真です。先日、pipiさんがバリで買ったサンシルクのシャンプーを取り上げてらっしゃって、私もUPしたくなりました。^^

pipiさんも、使い方がわからないと書いてらっしゃいますが、私もいつもスーパーの商品とはにらめっこ。その中で、最近お気に入りがサリアユのクナンガンの化粧水です。写真の化粧水は untuk kulit normalと書いてあるんです。この種類の前に買ったのは、なんて書いてあったのか分からないのですが、もっとシットリしてたんですよね。ホントはそれが買いたかったのに違う物を選んでしまったみたいで、使用感は完全にサッパリです。(ノд-。)

それでも、この化粧水は、他のサリアユの製品より毛穴が閉まった感じがするので、やっぱりお気に入りです。値段も10,000ルピア前後(今なら100円しないですよね。)だから、次女が「私も!!」と手を出しても気にならせず、塗らせてやれるんです。
肌の弱い長女も時々使用してますが、問題ないようですから、敏感肌にも大丈夫な化粧水と言えますね。

e0139926_20482190.jpg

左から、肌を白くするというパック剤。化粧水か水で溶かして顔に塗布するらしいのですが、ナカナカめんどうくさくて使っていません。

左から2番目は、サリアユのマッサージオイル。ちょっと匂いがきつくて残ったまま。

3番目は、溶かなくても良い、そのまま濡れるパック。17000ルピアのシールが貼ったままですが、何本か使ったことがあります。

最後は、マヤウブドのマッサージオイルです。バリのお土産に頂きました。匂いもサリアユほどきつくなくて、何度か使いましたが、良かったですよ~。車を長く運転した後は、いつもなら肩こりで翌日は頭痛で悩まされるのですが、このオイルで長女に30分マッサージしてもらった時は、頭痛もなく快調でした、これ依頼アロママッサージの効能を結構自覚しました(⌒o⌒)b
by momokka | 2009-01-31 21:25 | バリ | Comments(2)

車いすとベビーカーで海外旅行(バリ) からの帰国編

バリから関空への帰国編と言っても出国編とあまり変わらないのですが
まったく違ったのがことと言えば

関空へ到着した時に航空会社手配の車イスはあったものの
バリに到着した時、車椅子を押して下さったり、出国のお手伝いをして下さった係員の人がいなかったということ。
関空から出国する時も、係員さんはいたんですよ~。大きな子どもが二人いましたらか、丁重にお断りしましたけど、どうして帰りはいないの???って思いました。
我が家だけそうだったのか、いつもそうなのか、わかりません。

飛行機はガルーダだったので、往復とも親子とも機内に入る前に特に厳しいチェックも受けず楽に通過しましたが、他の航空会社(特にアメリカ系)だと義足まではずす細かいチェックがあるですね。(出国編で細かくお話しています。)

1歳の子連れの上に、車イス一人ということで
観光もせずにただ、ただ、のんびりする為に行ったバリ旅行でした。
バリは、日本語可能のガイドさん付き車を借りても1日(8時間)1万円しませんから車窓からの観光が主で良いのなら、車イスの方にもお勧めできる旅行先だと思います。
でも障害者の団体の方となると、また、異なってくると思いますが、サヌールでは他所の国の団体さんをお見かけしたんですよね。

出国編から ホテル1,ホテル2と帰国編とお伝えしてきましたが
少しでも、どなかたの役に立つ情報が入っていればよいなと思います。
読んで下さってありがとうござした。m(_ _)m
by momokka | 2008-12-03 11:37 | バリ | Comments(0)

車いすとベビーカーで海外旅行(バリへ) ホテル編2

e0139926_2161414.jpg

車いすとベビーカーで海外旅行(バリへ) ホテル編の後半は、バリハイアットです。
このホテルは、3度目だったので安心して選びました。
多分どの部屋へ行くにもエレベーターがありますし、ホテルの入口から始まりスロープが必ずどこかにあります。プールへ行くにも、車いすに乗って行きましたが、全く問題なし。
レストランへの道も結構広かったですね。

参考までに、

以前泊まったことのあるプリサントリアンは、ホテル内の道が狭くてガタガタだったし、エレベーターのないホテルですから、車いすは無理ですね。ベビーカーも結構、動きにくいと思われます。(2006年から利用してないので、変わっているかも?)
ウェステインは、きっと問題ないでしょうね。

ダイナスティは、棟に寄りけりだと思います。私たちが泊まったプールの近くのサンティカビーチ側の3階は、プールへ行くのにエレベーターがありませんでした。
フロントの方まで経由しないと、プールへいけない?
フロントから近いところならOKだと思います。


バリは歩道の状態が悪くて、結構ボコボコしています。ウブドは最悪、坂は多いし、歩道は陥没してるし。クタやレギャンも車が多いので、ちょっと大変。でもバリハイアットの近辺ダナウタンブリガン沿いなら車いすを押しながら少しはウロウロできるかな?海沿いの道を車いすの団体さんが通っているのを見かけました。とは言え、海沿いは、かなり段差があったり歩道がガタガタしていました。我が家は、ベビーカーでスティッフチリまで行くのも大変でした。

車いすをリフティングするレンタカーのある旅行代理店があるのかどうかはわかりません。
サヌールで見かけた車いすの団体さんは、どうやって移動したんだろう~。ただ、ドライバーやガイドを雇うのも先進国に比べるとかなりお安いので、利用し易いんじゃないかと思います。人手があれば、動き易いですよね。子どもに優しいバリ人だから、きっと車いすの人にも優しいと思います。
問題はトイレですよね。身障者用のトイレは見たことないけど、旅行者が利用するところは洋式がほとんど?でも中まで車いすで入れるところ・・・となると、難しいから、5スタークラスののホテルを要所要所に利用すれば、良さそうな気がします。
インターコンチネンタル、ウェスティン、ハイアット、メリディアンなど)

私のいつもお世話になってるバリホテルブックさんで、バリの車椅子事情についてお返事をもらいました。
http://www.balihotelbook.com/all/bbs_f.html から一部抜粋。

「バリ島では、車椅子ご利用の場合のハードルとなるのは、車だけではないからです。
ホテルや観光地も、まだまだ、バリヤフリーとは程遠い状況です。
バリの寺院はご存知のような構造ですし、坂も多いので、車椅子利用で観光てきる場所を選定するのには、事前の下見も欠かせません。ここならどうにか、という場所であっても、決して100%の状態ではないため、スロープの板を用意したりと、いろいろ”備え”が必要でした。ですので、車窓からの観光がどうしても多くなります」

お恥ずかしいのですが、
実は、私は観光のことは、頭に入っていませんでした。

確かに古いお寺なんかは、日本でも階段だらけですから、車椅子で観光は難しいですね。
テガラランやアグン山を見に行ったり、と言うのはどうでしょう?
海がお好きなら、バリハイアットのプール横の中のカウンターで、ショノーケルツアーについて行くとか・・・。観光をしなくても、ゆったりとした、あの空気を吸って、ぼーとするのもお勧めです。スパでマッサージなら、ホテル内でもできますよね。
ちなみに夫は、次女とプールで遊んでばかりでしたが、十分満喫したようでした。。o@(^-^)@o。

次回は帰国編とお伝えする予定です。

More ハイアットの写真はこちちらから
by momokka | 2008-11-23 00:35 | バリ | Comments(2)

車いすとベビーカーで海外旅行(バリへ) ホテル編1

e0139926_19394311.jpg

予算と車いすを考慮に選んだのが
ジャヤカルタホテル(レギャン)3泊と
バリハイアット(サヌール)3泊

ジャヤカルタホテルは2ベッドルームのコンドミニアム棟を選びました。
2年前で多分$120(ハイシーズンチャージ加算)で、4人分の朝食ブッフェつき。

ジャヤカルタホテル
は、古いホテルなので、カードキーではありませんでしたが
コンドミニアム棟の1階にフロントがあり、ホテルへ戻る時は、必ず通るのでカードキーでなくても問題ありませんでした。(※ファミリーで部屋を使うのに、プールにいる人、買い物に行く人、などと行動パターンが違う場合、カードキーで無い場合は、1回1回フロントへ預けなくてはなりません。そして、部屋に用事がある時は、フロントへ行かなくてはならないのです。過去に泊まったプリサントリは、フロントと部屋とプールがバラバラにあるので、かなり面倒でした)

2ベッドルームは、幾つかあるそうですが、メインのベッドルームがダブルサイズ、キングサイズの両方があるとの情報を得ましたのでバリホテルブックさんへ予約をする際に、キングサイズのベッド付きのお部屋でリクエストしました。車イスであることも事前にお知らせしていたせいかフロントの真上に当たるシービューのお部屋でした。エレベーターのまん前だったのですが、廊下を挟んでリビング、そしてベッドルームだったので、夜も騒音で困ることはありませんでした。

このプールの近くのホテル棟は、プール、レストラン利用に便利で良いのですが、2階へいくのに階段しかないというお部屋もありました。そして外から帰ってきてフロント正面は、いきなり階段です。
コンドミニアム棟は車を駐車してすぐ前にフロント。舗装された道がプールまで続いています。と言っても、車いすの為とかではなくて、スタッフの仕事用の荷車を押すために作られたのかも知れませんが・・・。


ホテルの中には、キッズクラブ(暗くてしょぼい)や、ブランコや滑り台などもありました。
シッター料金は、$2.5/h だったと思います。
子どもは全然なつかず、夫が時間に迎えに行ったらワンワン泣いてたらしいです。

朝食ブッフェは、その場で作ってくれる卵料理もあり、パンも数種類ありました。
$120ドルで4人分のブッフェ付きと思えば、十分だと思います。

プールも深くて大きなプールが2つ、キッズ用の浅いプールもあり
オーストラリア人らしい人が多かったです。

ビーチまでも、すぐそこですし、私たちのお気に入りザンジバーまでも車椅子圏内。
(途中車止めの柵が1箇所ありました。、そこだけ、車椅子とベビーカーをたたんで通過。

朝早く起きたので、夫と私は、車椅子を押しながら、パドマのビーチ前まで行きました。
私はスミニャックに買い物に行くのに近いし、家族で泊まるには安いし、気に入ったのですが、夫がクタレギャンのお土地柄が好きになれなかったらしい。(--;)

More写真はこちらから~
by momokka | 2008-11-16 20:49 | バリ | Comments(0)

車いすとベビーカーで海外旅行(バリへ) 関空からの出国編

e0139926_0525537.jpg


車いすで海外旅行って、ネットで検索しても意外に少ないんですよね。
我が家の車椅子旅行2年前の夏でした。
今年の夏、シーラさんの個展で偶々お会いした人から、お話を聞きました。その男性は障害者の方々十数人の団体(内車椅子は3名)をたった3人で引率したということでしたが、、アメリカ圏でも、カナダでも障害者は旅行をするのが大変だったということでした。この事実が私には意外でした。日本を含むアジアはまだまだ進んでいないけれど、アメリカなどは大丈夫と思っていたのです。ハワイでも車椅子利用でThe Busを利用している人を見かけていましたし・・・。

例えば、アメリカの航空会社を利用した場合、出国にも2回セキュリティチェックが入りますよね。その度に、義足を全部はずして検査するらしいです。付き添いが3人だったそうですが、飛行機の出発が1時間以上遅れたそうです

また、障害者用にリフト付きのバスを手配したのに、現地へ行ってみてなかったとか、普段全く使われていない為リフトが壊れていたことが当日わかったとか・・・。

その話をお聞きした時に、我が家の経験も公開しないと・・・とずっと思っていました。

ということで、我が家の車いすでバリをご覧になりたい方はこちらをどうぞ、

More
by momokka | 2008-11-11 00:53 | バリ | Comments(2)

インターコンチネンタルのクラブラウンジ

バリへ行く前にはいつもすっごくお世話になってるブログのもひょつさんからのリクエストで
突然、バリのお題になります。(^^;)

2006年3月ニョピ2007年3月ニョピに泊まりました。
バリのインターコンチネンタルは、クラブルームに予約すると空港へのお迎えがあり
お茶を飲んでいる間に手続きが終わるといのが有名ですが
クラブラウンジが、無料で24時間使えます。

朝は、朝食(品数が少ないとのことだったので、行ったことがなかったけど、ステーキも食べれるとか?)、15-17時までのハイティーのサービス、17時-19時までは、アルコールフリー、22時からは夜食(何がでるんだろ?ニョピだったので、少し違ってたんですよね。それに、もう寝てたし・・・)

日替わりでインドネシアン、イタリアンのメインディッシュの他にハンバーガーやサラダなどの5品が24時間無料で食べられます。

私がお気に入りだったのは、オレンジミックスジュース^^v
エアコン効き過ぎってぐらい効いてます。
4テーブルほど、屋外があります。
子連れの時は、こちらを利用していました。

そうそう、写真は残念ながら無いのですが
英国式ハイティーは2段で、クッキーやスコーン、サンドイッチ、もちろん生クリームもありましたよ。(*^O^*)
紅茶は、ティーバッグなので、あまりお味がよくありませんでした(--;)

17-19時のアルコールフリーの時間は、簡単な食事(お寿司や、サラダ、チーズ)もあり、母や娘などと一緒の場合は、それだけで十分になってしましました。



e0139926_2284321.jpge0139926_2285669.jpg
e0139926_2321435.jpge0139926_23212054.jpg



e0139926_20443648.jpg

↑小さいけど、ステーキなんです♪  
e0139926_2046753.jpg

           ↑ 最初の角部屋についていたチョコ
     美味しかったぁ~。                      
by momokka | 2008-07-17 00:08 | バリ | Comments(0)