旅行と美味しいもの


by momokka

プロフィールを見る
画像一覧

最新のコメント

*アラックさん* 住ん..
by momokka at 10:02
旅先で市場訪問、これぞ旅..
by umi_bari at 09:28
*アラックさん* 一緒..
by momokka at 00:34
柔らかそうで、大きなお肉..
by umi_bari at 06:40
*アラックさん* 肉離..
by momokka at 20:35
ベルボーイさんに、きびき..
by umi_bari at 23:08
*アラックさん* そう..
by momokka at 17:09
たまの贅沢の豪華なお部屋..
by umi_bari at 05:07
*アラックさん* 次は..
by momokka at 23:57
エビがいっぱいのチャーハ..
by umi_bari at 22:49

タグ

(188)
(136)
(114)
(74)
(72)
(62)
(59)
(54)
(52)
(44)
(31)
(29)
(27)
(23)
(19)
(19)
(18)
(16)
(12)
(11)

フォロー中のブログ

BAGUS!
もひょつんち
太陽と南の島
空のポケット*Pocke...
VAMOS!
Aquaterrace ...
道楽のススメ
bunga☆bunga
旅するねこ毛
ほてるふぉと
Sky is the l...
遊び放題、食い放題 (元...
yuru run*run...
Hinagiku's d...
バリ島生活を夢見て・・・...
新プチ極楽ホテルの旅ブログ
[認知療法]カウンセリン...
バリ島まるかじり!
カユマニスの香りに誘われて
カンボジア Cheers
極楽旅☆memo
気ままにオージーLIFE
台湾出稼ぎ、ぼっち放浪記
ENAK!DAYS
Bagus sekali!
☆パリ案内☆Coaki ...
Life is Wond...
九峰の備忘録
Matur suksem...
東京ホテルバー日記
バリ島大好き

外部リンク

エキサイト以外のリンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 06月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 03月
2008年 02月

最新のトラックバック

venussome.com
from venussome.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
モンテール直売店(∩)´..
from きゅーのむにむに日和(ノ)・..
ジャカルタ・リラクゼーシ..
from 投資一族のブログ
雨上がりのレゴンダンスデ..
from 道楽のススメ
そうだ、餃子を食いに行こ..
from 腹ペコ隊が行く!!大盛り、特..
これがシロノワールだッ(..
from もひょつんち
綺麗な海にまつわるエトセトラ
from 綺麗な海にまつわるエトセトラ
リゾートホテル
from リゾートホテル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

旅行・お出かけ
スイーツ

画像一覧

<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

⑦タンジュンサリ・レゴンダンスディナー、子連れに強い見方ファミリーバンガロー

            (今回写真をクリックすると全部大きくなります^ー^)
e0139926_9402329.jpg
ちょうどゴールデンウィークのまんまん中、レゴンダンスディナーが開催されました。
大人一人250,000ルピア(税サ別)
e0139926_2393784.jpg

7時半にプールサイドをうろうろ。ライティングがいい感じですよね~。
レゴンダンスの時だけ、こんな風なのかと思っていたら、毎晩こんな感じでした。^ー^
         私たちの泊まったファミリールームからプール挟んで向こうに
         今日のダンスが催されるレストランがありました。
e0139926_23102188.jpg
夫と次女と私だけの参加です。とりあえず私はカクテルを注文しました。確かココナッツとストロベリーとアラックを混ぜたものだったと、お値段は150000ルピアと、後でみてビックリしましたが、とても美味しいカクテルでした。
(長男は、ダンスなんてからっきし興味が無く、晩御飯も漁師で食べたいというので、お姉ちゃんと二人で行きました。)
  





テーブルも、舞台の正面で特等席だったのですが、舞台の真ん前にクッションをおいて下さって
「始まったら、あちらで観てもよいですよ。」と言われて・・・。
e0139926_23204998.jpg

e0139926_23105027.jpg

次女は4歳になったばかりで、ちゃんと見てるかな~と、ごそごそしだしたら、お部屋はすぐそこだから退散しよう~。と思ってました。
始まって見ると、小さなおねえちゃんたちの踊りを食い入るように観ています。
私の目から見ても小さいながらそれぞれ個性があって、とても楽しめるものでした。
e0139926_1540011.jpg

途中前のクッションのところで次女も一緒に見せてもらったり
(この席、ホント次女の為だけにホテルが設けてくれたお席だったのですね~。
座って観てると、ダンスのもろ正面で、あまりに良い席過ぎて私も座っていいものかと、お尻がもぞもぞするmomokka!)
暫く二人で座っていましたが、結局、私がテーブルのカクテルを飲みに行ったら次女も戻って来ちゃって、気がついたら私の腕で晩御飯も食べずに眠ってしまいました。ブッフェまで、もうすぐだったのに。仕方が無いのでバンガローまで寝かせてすぐ戻りました。
万が一泣いても声も聞こえるし、晩御飯から帰ってきたお姉ちゃんもいるし・・・と。



結局ダンスは全部で1時間ほどあって8時半からブッフェタイムです。
ちょうど、次女も寝たので、ラッキーゆっくり食べれるぞ~と食べ始めたら
「うわーん。」と部屋の方から聞こえてくるじゃないですか(--;)慌てて、戻ったら、もうプールサイドまで泣きながら走って来てました。

先に1口食べたお料理は、とっても美味しくて、周囲には申し訳ないけど寝ぼけ眼の次女を抱きかかえながらお料理を頂きました。
e0139926_2317507.jpg

たくさんお料理が並べられた中どれも美味しかったのですが、サテは丁度良い焼き具合で柔らかく焼けていました。昔私が新入社員で入った時、課の歓迎会が催されたのが今は無き大阪の高浜のインドネシアンのお店だったのですが、ふとそのことを思い出しました。あの頃からバリには縁があったのかしら?

お料理はgunungさんの こちらのトピで詳しく紹介されています。

デザートには、皆さんがオススメのココナッツパイもありましたよ。黒糖のタレのかかったお団子も美味しそうだったけど、もう次女も限界と私はお料理を横目にお部屋に戻りました。
ファミリーバンガローは朝食を食べてる時も、部屋の気配がわかります。プールにいても、バーにいても家族が帰ってきたらすぐに解る良い場所でした。

e0139926_2315417.jpg

お料理は早足だったけどダンスは素晴らしいし、お料理は美味しいし、子連れには、珍しい上質の時間を過ごすことができました。
タンジュンサリさんの粋な計らいに感謝感謝!です。

そして最後になりましたが、去年最終的にこのホテルに決めようっと思ったのは(去年は残念ながらキャンセルとなりましたが)gunungさんの このトピを読ませて頂いたからでした。
そしてタイチョさんの丁寧なフォローがあったお陰でこの日、レゴンダンスディナーにも参加できました。
掛け替えの無い時間を、経験することが出来て、お二人にも私は感謝感謝!です。
ありがとうございました。m(_ _)m

ダンス中は、予約していなかった人がレストランの脇とか横から見たりしています。
次女を寝かせにプールサイドを歩いたら プールでじゃぶじゃぶ泳いでいる人がいて、みんなダンスに観てはるのにこんな人もおるんやなぁ~と思ってましたが、最後部屋に帰るとき、よーく見ると泳いでいたのは、自分の息子だったのでした。(はぁ~ーー;)
by momokka | 2009-05-29 15:36 | バリ | Comments(10)

バリサファリ 子連れも大人も^ー^

e0139926_2395967.jpg

             (↑写真をクリックすると大きくなります。)

バリサファリは、今年一番お安いジャングル・ホッパー・パッケージが$25→$35に値上げになって
家族5人分(3歳以上は同料金)、大きな痛手となり、行く価値あるのかな~と思いながらの出発でした。
バリホテルブックさんで事前購入で、割引きになりますよ。^ー^)


サファリへ無料送迎を頼むと到着が10時半ごろになりそうだったし、お迎えも来なかった人がいたとかで
我が家は、この日チェックアウトのカキアンバンガローさんにお願いして朝9時半に送って頂きました。
(ウブドからでも30分かかります。)

到着したのが10時前。
ゲートは単なるチケットブースとお土産屋さんのみで、サファリの方まで、わざわざバスに乗るんです。

ここで既に20分ぐらい使います。

そして、サファリへ到着。(こちらにベビーカー50000ルピアで貸し出しがありました。)
なんだか、解りにくい地図を頼りに、まずはサファリを廻るトラムへGO。
ここで、すぐに乗れれば良かったんですが、前にいた韓国人のお客さんでバスは満杯。
次のトラムを待つことになりました。このトラムの待合所、屋外なのにエアコンを設置してくれてるんですが
あっついんですよ~。
子どもには、せっせと水を飲ませます。e0139926_1671452.jpge0139926_1672939.jpg









e0139926_1675917.jpge0139926_1681922.jpg









e0139926_166428.jpg

色んな動物が見えるのに合わせてトラムの中を家族全員左に寄ったり、右に寄ったり、大変でしたが楽しく観覧。(トラムの中は、エアコンが効いていて、極楽です♪)

e0139926_21452899.jpg


このをトラムに20分ほど乗った後は、ちょうど、バードショーが始まる時間でした。
子連れなので、一番前の席に座ったらバードショーは炎天下の下、屋根無しです。(汗)

かわいいオウムちゃんたちが出てきます。








次は、像の池みたいなところで 2頭の像に餌(有料)をやって、記念撮影
そして、向かいました今回私が一番楽しみにしていたライオン、虎との撮影です。
e0139926_21481533.jpgいえ、一緒に写るのを楽しみにしていたんじゃないんですよ~。
家族が猛獣を触りながら撮られる顔を撮るのが楽しみだったんです
。)
小さい子どもは、もちろん一緒に撮れません。まずは、私と息子がメスライオンに挑戦。寝てましたけど、やっぱり触るのは怖かった~。


ささっと撮って今度は、虎の方へ。 この日虎は、元気一杯でした。係員に猫じゃらしみたいな物や、鳴り物で機嫌を逸らしながらの撮影が始まります。まずは、白人男性が、被写体に。
そしたら、虎がいきなりガッと前足をのけぞったんです。
ひゃ~怖いんやん。
                                  ↓の写真をクリックすると大きくなります。

e0139926_7172623.jpge0139926_21522387.jpg














次は、パパの番です。
うちのパパ、お化けも、ゴキブリも怖くなくって愛想もしてないのに猫や犬がなぜか寄ってきて、人間が一番怖いなんて日頃言ってる人ですが虎を怖いと思ってたのかどうか・・・。とりあえず無事終了。

そして最後が長女です。
私はさっさと彼女の写真を撮ったのですが、サファリの人が、何枚も写真を撮るものだから一向に終わりません。
虎に手を添えながら写真を撮られる彼女を前に、虎の周りを観察してみました。虎は、2-3mぐらいの鎖で繋がられてるんですが、その鎖がところどころ、釘で打ってあるんですね。でも、本気で虎が怒ったら、こんな釘ぐらいすぐ抜けたりしないのかしら?抜けたら最後私たちもイチコロの距離です。(長女が写っている写真をクリックすると詳細がわかります。)

あ、そうそう。
私はデジカメだったので、感度を上げて、フラッシュを使わないようにしましたが
他の人は皆フラッシュ焚いてましたね。

誰かが食べられる前に、いえ、襲われる前に、フラッシュぐらいは禁止にした方がよいかと私は思うのですが。

この時点で11時半だったので息子がお腹が空いたとうるさくて、「じゃぁ、先にライオンレストランへ行って注文しておいて!」と。

e0139926_21574229.jpg

女3人は、像の曲芸の方へ向かいました。途中、さっきとは別の像と像の赤ちゃんに餌をあげさせてもらって

e0139926_2391834.jpg

ちょうど始まるところで、像がイルカみたいにプールを歩く?泳ぐ?んですね~。
ちょっとした像と一緒の劇を見てから

e0139926_225939.jpg

ライオンレストランへ向かいました。夫と息子はこの日1番乗りだったらしく05番のライオンがよく見える特等席に座ってランチを食べました。




e0139926_2374429.jpg13時半、最初のゲートに、次のホテルへの送迎のお迎えが到着。その時間合わせて、さっさと移動。
結局、ウォーター・パークも ファン・ゾーン(Fun Zone)も行けず終いでしたが大人でも暑さで限界だったので子連れには丁度良い時間にOUTできたと思いました。偶々なのが、歩いているとポンポンとテンポ良く次のショーに出会えましたが、雨季だったら待ち時間も含め、尚更午前中早めの移動がいいんじゃないかと思います。

e0139926_7103117.jpg

           虎と私、皆さんもどうぞお写真と撮りに行って見てください。
by momokka | 2009-05-24 16:09 | バリ | Comments(14)

⑥Tandjung Sari タンジュンサリのバースディケーキ♪

e0139926_21373062.jpg

ヴィレッジバンガローで迎えた次女の誕生日に、ホテルからのサービスで頂いたバースデイケーキです。

チェックインの時に「バースデイケーキを用意しています。いつどこで召し上がりますか?」と言われました。
最初、夕方レストランで・・・とお願いしていたのですが、結局この日は夕食を突然ジンバランのトラットリアで食事をすることになり、20時過ぎにホテルに着いてからお部屋に持って来て頂きました。

このバースデイケーキのお味のほどは・・・。

e0139926_23561295.jpg


胡桃が山ほど入ったチョコ生地の、このケーキ。
決して、不味くはないんだけど
あまりにも胡桃が多すぎ大食らいのmomokka一家でさへ、ひるんだケーキです。
多くは、語らずこれぐらいにしておきます。ハイ。
e0139926_12405724.jpg

by momokka | 2009-05-23 16:39 | バリ | Comments(10)

ワルンカミサマのスパゲティ Sanur Bali

来週から保育園が、始まるってことでホッと一段らくのmomokkaです。

e0139926_0111038.jpg


タンジュンサリから水着のまま、お昼ご飯を食べにやってきました。
ワルンカミサマって、タンジュンサリの隣だったのですね~。
イスに座ってメニューを見たmomokkaですが
食べたい物がない・・・。

こういう時私の場合は、BLTサンドイッチを頼むと大体間違いないのに
何を思ったか、エビトマトスパゲッティを注文!
そして来たのが上の写真でした。
バリのこの手のお店で、スパゲッティを注文したらどういうことになるか以前にも このトピ
経験しているのに、又やってしまいました。

海老はぷりぷりで美味しかったんですよ~。
でも、パスタが・・・びおんびおんでした。
トマトソースもすっごい甘いんです。

ふとみると旦那が頼んだミーゴレン、美味しそうじゃないですか?
半分強旦那が食べたところで、「それ頂戴!」っと横取りしました。
インドネシアンが好きな人なら、物足りない辛さだと思いますが
私には、ぴったりの辛さ(いえ全く辛くない)で、大変美味しゅうございました。

夫も「今回食べたミーゴレンで一番美味しいね。」と言っておりました。
e0139926_0284756.jpg

by momokka | 2009-05-23 00:29 | バリ 食 | Comments(4)

サヌールパラダイスプラザスィーツのスライダー付きプールとキッズクラブ

e0139926_1952320.jpg


いろいろの名前を変遷して、現在(2009年5月)はサヌールパラダイスプラザホテル
SanurParadisePlazaSuites。ゴールデンウィークに利用して来ました。

ご存知の方も多いと思いますが、クタのバリダイナスティと同系列のホテルなんですよね。
バリダイナスティは、2007年3月に利用したことがあります。

まずは、行き方を書きたいと思います。
タンジュンサリのレセプションで
サヌールパラダイスプラザスィーツまでと
バリタクシーをお願いしましたがバリタクシーが来るまでの間、「スィーツのスライダーがあるホテルの方よ。」と再確認。
やっぱりサヌールパラダイスプラザと勘違いしていました。
(あんだけスィーツと何回も行ったのに・・・。
でも、ホテルの名前がコロコロ変わってるので無理ないかも?)

タクシーに乗ったらダナウタンブリガンを抜けて、ちゃんと左へ曲がってるか確認しながら・・・
すぐにホテル前に到着。

まずホテルのレセプションでプールが利用したいことを言います。
Camp Splash?大人50000ルピア、子ども4000ルピア。子どもは、ランチがフリー。」と言われお支払いと引き換えにカードを2枚もらいます。

そして、レセプションを抜けて、ホテルのプールサイドを抜けて
左側(要するに、バイバス沿いにあるようです。)に向かうと、Camp Splashの入り口があります。
薄暗い中右手に受付。
ここで大人用のカードだけ渡します。(子ども用は、ランチの時に使用。)

着替えの場所とロッカーを使用したいことを伝えると鍵をくれます。
(この時は、ロッカーまで案内してくれました。)(利用料は取られませんでした。)
e0139926_20212528.jpg

このロッカールームですが、暗めでカビくさーい部屋でした。
お客さんの殆どが、このホテルか姉妹ホテルのサヌールパラダイスプラザ宿泊の人でしょうから
使用されることも少ないのでしょうね。
(サヌールパラダイスプラザとサヌールパラダイスプラザスィーツの間は、1時間に1本ぐらいシャトルが出ているようです。途中、サヌールの街中も走って停まるみたいです。サヌール泊なら、帰路はこのシャトルを利用するのも一つかも知れませんね。)

私は、タンジュンサリのホテルをチェックアウト後デサムダヴィレッジに向かう途中だったので
パスポート他少し現金少しもっていましたが、小さな袋に入れてプールサイドへ持って行きました。
          ロッカールームの前。
e0139926_20295469.jpg

                 
e0139926_20305666.jpge0139926_2031118.jpg










受付の前あたり                     受付を挟んでロッカールーム前との反対側

プールも、スライダーもバリダイナスティを20%ぐらい小さくした感じでしょうか?
(ダイナスティは55m こちらは30m)
うちの4歳のスライダー好きにはぴったりの大きさです。
実際ダイナスティは、階段がぬめってる上、高さもあり、幼稚園児ぐらいまではちょっと危ない感じがしました。(2007年度との比較です。)

写真をクリックすると大きくなります。
e0139926_21122011.jpg
早速、一人で階段を登っていく次女。
ここでスタッフは「彼女は泳げるの?」と聞いてきました。そうです。ホテル移動の為、浮き輪を忘れたんです。
momokkaも、仕方なくスライダーの降り口で待機。浮き輪なしで、滑ってきました。うちの娘。
ところが結構深くて、母は立ち泳ぎの為、一度沈む次女。案の定、抱き上げた彼女は、半べそでした。

浮き輪は必須です。売り物も借り物もありませ~ん。(そんな物を忘れるのはmomokkaぐらいでしょうけど・・・)


しかし、ラッキーなことに、こちらのキッズクラブに預けらていた日本人の小1の女の子が時々浮き輪を貸してくれたんですね。彼女は、次女と同じ4歳のAちゃんと、5歳のRちゃんの、3姉妹で預けられていました。
浮き輪を貸してもらってとっても助かりました。しっかり者でとても優しいお姉ちゃんでした。

          お昼は、例のカードを出して注文します。飲み物もついてます。
                 まだ帰りたくないと泣きべその次女。
e0139926_2125199.jpg

          メニューも貼っておきます。写真をクリックすると大きくなりますよ。
e0139926_21255565.jpg


ここからは、余談です。
実は、一緒に泳いでいた3姉妹たちの下の二人は、全く泳げないとのことでした。
浮き輪から、抜け落ちたりしないかな?と思っていたら、やっぱり起きたんです。
ちょうど私が後ろを向いていた瞬間で、スタッフはプールサイド。
一番近い私が駆けつけるまでに数秒かかりました。
スタッフもすぐ声をかけて来ましたが泣きじゃくる次女のRちゃんを私が4-5分抱っこ。

暫くすると落ち着いたらしく、又スライダーへ行とく言って、元気に又滑り出しました。
ところが今度は三女のAちゃんの様子がおかしいので、たずねてみると。
「Aちゃんが溺れて怖かった~。」と泣き出し始めました。
うちの次女と1ヶ月しか歳が違わないのですから、当然ですね。10分ぐらい抱っこしてましたが
まだ、シクシクしているので、スタッフがバスタオルを持って迎えに来てくれました。
テレビのある所へ行っていたようです。
e0139926_2264530.jpg


正直、バリダイナスティはスタッフもたくさんで、ムードを盛り上げようという雰囲気が満々だったんですね。一方、こちらは遊具の場所は暗いし(帰りは、明るくなってました)スタッフも2人しかいないし、どうかな~と思いましたが、全てを私にまかせっきりにすることもなく、様子を見て、要所要所対応をしていたので、サヌールパラダイスプラザスィーツのスタッフもちゃんとしてるんだな~と思いました。
(ちゃんとしてたら泳げない3姉妹をスライダーさせるかどうかも疑問ですが、彼女たちは彼女たちで楽しんでいたので・・・)

翌々日、タンジュンサリに帰ってきた時も、長女に連れられて次女はまたスライダー三昧でした。
今度は、しっかり浮き輪をもって!
(タンジュンサリからホテルカーで片道25000ルピアです。この時は、お迎えも予約しました。)

サヌール滞在で子連れだけど、どうしても海沿いのホテルでなきゃ嫌って人には、このプールを利用して午前中だけでも子どもを思いっきり遊ばせて昼ねの最中に買い物三昧ってのが、良いかも?と思います。
バリハイアットのキッズクラブは、見かけはショボイ感じだし、大きいプールがあっても、歳の近い兄弟姉妹がいない子どもは親がずっと相手をしていないといけないですからねぇ~。次回ハイアットに宿泊したとしても、きっと遊びに来るだろうな~。(小学生ぐらいなら、バリダイナスティのスライダーをどうぞ!)
e0139926_22112950.jpg

by momokka | 2009-05-20 22:09 | バリ | Comments(4)

子連れで台北トランジット---食べ歩き(極品軒・明月湯包・霖園・生煎餅)

行きの台北滞在記録です。

中華航空でバリ行きのトランジットの為往復桃園国際航空経由。
(中華航空のことは、もひょつさんが このトピで、タイチョさんが このトピで載せてらっしゃいます。)
(バスの利用の仕方は、利用したバス会社は違いますが、もひょつさんのブログの このトピが解り易いですよ。)
行きは、15時到着でした。
なぜか第一ターミナルに着いたのに、baggageのピックアップが、第二ターミナルだったので、ぐーーと迂回。そして、ターンテーブルまで来て
「お母さん、荷物はバリまで行くんちゃうん?」といつもぼーとしてる長女に珍しく言われ
「短い滞在時間やのに、30分損したわ~。もっと、はよ言ってよ。」と自分のポカなのに逆きれする始末。

そして、なんだかんだ言い合いながら、大有(西線)リムジンに乗って、目当ての店へ向かいました。
最初は、2004年に一人で食べたシェラトンの近くの茶芸館 徳也茶喫のティータイム(茶プラスお菓子食べ放題で199元)が食べたくて 予定したいたのですが、テータイム時間の16時45分に間に合わないことがバスの中で判明、まっすぐ極品軒へ行くことに変更。

バスを降りたらmomokka先頭を切って、家族4人を引き連れます。
時間がもったいないので、前回泊まったシーザーパークホテルの前あたりで、タクシーを捕まえ、お店までGO!
e0139926_2355257.jpg

極品軒は予約必須のお店ですが、さすがに17時過ぎなので1組しかいませんでした。
e0139926_23562332.jpg

こちらのお店て注文するものと言えば東坡肉(トンポーロー)ですね。
2004年の初台湾からチェックしていたのにもかからわず、昨年も行けず終い、でやっと食べれることができたんです。
噂通り八角の臭いもなく、日本人にも優しいお味。
肉はトロトロで、タレは少々甘めですが、白いパンもほっかほかで、
「ああ、美味しいやん。やっぱり噂どおり。ここ選んだ母偉いやろ~。」と家族に自慢するする。
注文したのはハーフサイズでしたが家族5人でも間に合いました。
今思えば、フルサイズにして、テイクアウトで朝ごはんに食べてもよかったかも?
息子も美味しかったようで、今でも「あそこのトンポーローまた食べたいな!」といいます。
e0139926_23571081.jpg
e0139926_23545728.jpg

e0139926_021454.jpg

次女用にラーメン(むちゃむちゃあっさり味です。)ショウロンポー、そしてテーブルに置きにきた小皿2品でした。最後にデザートが出るらしいと聞いていたけど、5人でこれだけしか頼んでいないのにどうかな~とおもったら、うすーーーい味の善哉ような物が出ました。極品軒のお料理はどれも美味しくてあっと言う間に平らげて6時にはお店出ました。
(思うに化学調味料は、無しか少なめ?)

e0139926_029956.jpg

次に向う先は、昨年行った明月湯包
極品軒の前でタクシーに乗ると、遠回りになっちゃうので、二二八和平公園まで歩いてタクシーを捕まえました。
前回明月湯包へ行った時はは、タクシーの運転手にタイペイナビの地図を見せても明月湯包の場所がナカナカ解らなかったんだけどラッキーなことに、今度の運転手さんは、すぐ理解してくれて、本店より広い支店の方へ連れて行ってくれました。
            こちらでは、注文する物は、もちろんショウロンポーなんだけど
           焼き餃子も美味しいです。
e0139926_0201845.jpg

e0139926_0221415.jpg

            海老餃子のえびもぷりっつぷり。
e0139926_0242520.jpg

e0139926_0254854.jpg

            麺類も一つ注文(掻き混ぜた後ですみません。)
e0139926_027862.jpg

 
            日本語メニューも貼っておきますね。(写真をクリックすると大きくなります。)
e0139926_0131693.jpg

e0139926_016594.jpg

            本店では見なかった小皿料理もありました。
e0139926_0284352.jpg

家族は「ショウロンポーは、こっちの方が美味しいね。」と言ってました。
本店は、おじさんとおばさん二人で営業されてたんですが、こちらは、若い従業員がたくさんいらっしゃいました。
元気溌剌・・・って感じですね。
でも、本店のおじさんと一緒で皆暖かい感じのお店で、気持ちよくお食事できました。

さすがに、食いしん坊一家もこの辺でお腹が一杯になってきて
「一旦宿にチェックインしよう。」とパパが言い始めましたが
その前に、タクシーの中から見えた臨江街夜市へせっかくだから覗いて見ようと無理やり決定。

小さい子連れに士林夜市は、人が多くて、無理と判断したのですが
こちらの夜市は、丁度良い道幅でしたね。

前回に華華大飯店に泊まった時にも時にも買って飲んだお店 博奇がここにもあり、長女と長男はパールティを歩き飲みしました。
(パールティの元、珍珠・粉圓の作り方は、こちらを参照して下さい。)
e0139926_0374569.jpg

次女は、別の屋台でみかんのフレッシュジュースを注文しました。
みかんジュースは、日本の出始めの緑色の皮のみかんの味かな?
うすーい味でした。
長女がカチューシャを買ったり、ぶらぶらしながら、20分ぐらいで通化街へ抜けました。

またまたタクシーを捕まえて
今回初のホテル、永康街の近くのRoyal Biz Hotel へチェックイン。
客室55部屋の小さなホテルですが、去年リニューアルされてとってもきれいですよ。^^
こちらのトピをどうぞ。)

ホテルの予約は、楽天トラベルでした。
夫と長男用のツインベッドルームだけに、1回だけの市内送迎がついていました。
でもホテルの計らいで、チェックインして20分後にホテルカーで、家族全員を師大路夜市へ連れて行ってもらうことに。
(ホントはお疲れの次女とパパだけ残ってくれたら良いのにと思いましたが、次女が付いて行くと聴かないので仕方なく家族5人でGo)

e0139926_0471383.jpg向かったお店は霖園。極品軒についでどうしても食べたかった物があったんです。
それは、雪花芒果冰(氷館のカキ氷は、ただの氷がベースですが、こちらのは、牛乳を凍らせたもの。)。

士林夜市へ行けないmomokkaは、霜園で食べるしかありません。
雪花芒果冰が食べたいと言っても、時期が時期なので半分諦めてました。苺かキーウィが食べられたらいいかな?と思って行ったらマンゴー(芒果)のカキ氷があったんですぅ~。(涙)



(写真をクリックすると大きくなります。)
e0139926_0463815.jpg

            牛乳氷がふっわふわの舌触りです。(*^0^*)
e0139926_0504756.jpg

e0139926_0512316.jpg

e0139926_0515436.jpg

            ↑がついてる所をお店の子に、指差して注文しました。
            身振り手振りで注文しましたが、とっても親切でしたね。
            お店は奥行きが結構広くて、ゆっくり食べられます。

             なぜかこんな所に相棒のポスターが!
             台湾では、人気あるんですかね~。
e0139926_0521547.jpg

霜園への行き方は、のんびり台湾ライフの木野さんのこちらのトピがとっても解り易いです。


士林夜市は、大学生の街だけあって長女が欲しがるよう服(多分日本のブランド物のコピー)が一杯あり
もっとゆっくり見たかったんだけど、この辺りが次女から抱っこ攻撃!
仕方が無いので、帰ろうとしていたら、おお~!!!あるじゃないですか、士林夜市で有名な肉まんのお店生煎餅
e0139926_19592654.jpg

肉まんと言えば、蓬莱の私なので、期待せず食べましたがかなり油っぽい肉まんでしたが、噂どおりお味もしっかりついてて美味しかったです。

そしてタクシー乗って帰ろうかどうしようか迷いましたが、木野さんが紹介されてる品悅糖 La Douceurがホテルまでの帰り道にあるはず・・・とぶらぶら。
気がついたら鼎泰豐(ディンタイフォン)の近くまで来ちゃってました。
(長女には、マカロンマカロン!!と恨みがましく言われて大変でしたが、マカロンはバリで食べることに。

それから10分ほど、次女を交代でおぶりながらホテルの界隈を散策し帰りました。

今、思い出しても、もの凄く密度の高い?いや子連れとは思えないスケジュールだったけど
選りすぐったお店は、ほぼハズレなしで充実したプレ・バリ旅行のスタートだったのでした。
by momokka | 2009-05-19 20:41 | 台北 | Comments(10)

パールミルクティ珍珠奶茶ならぬ珍珠珈琲牛乳

とうとう始まりました新型インフルエンザ休暇とりあえず、1週間。
e0139926_1533190.jpg

保育園児(次女)、小学生(姪)、中学生(姪)、高校生(長男)、予備校生(長女)が我が家に集結。
ちょうどいいや~と思って
仕事へ行く前に、台湾で購入したパールミルクティ珍珠奶茶の元・粉圓を長女に作ってみるように命令したmomokkaです。

実は、昨年買ってきた粉圓を以前、作ってみようとしたものの作り方の順番を間違えて
捨てる羽目になり、それにも懲りず、また乾燥粉圓を3袋も買ってきたのです。

今度の粉圓は、袋の裏に英語の作り方も書いてありましたが、前回作った物をちょっと作り方が違う模様。
インターネットで調べて台北ナヴィさんの このトピと両方を参考に作ってもらいました。

乾燥タイプの珍珠は、水から煮立て、沸騰後煮る事15分。煮終えたらフタをして15分蒸らし。その後、湯を捨てて冷水に変え、さらに15分また煮ていきます。この行程を3回ほど繰り返して、でき上がった珍珠は冷蔵庫内なら3ヶ月~半年も持つのだそう!


長女の話では、2回煮たらできたとのこと。
今回作らせたのは、↓右側の粉圓ですが、昨年買った左側の粉圓だと粒が大きいので3回煮る必要があるかも?
e0139926_1526285.jpg

仕事から昼に戻ったら、ボールに美味しそうなタピオカボールができてるではありませんか?
早速、試食。
これは美味しいと前回バリで買ったジェンガラの器に、朝のコーヒーの残りをかけ、台北で買った粉黒砂糖を掛けたのが ↓の写真です。
e0139926_15214955.jpg

最後に我が家の美味しいノンパスチャライズ牛乳(グリーンコープで購入)を掛ければ
ああ~美味しい珍珠珈琲牛乳の出来上がりです。
台湾に行っても珍珠緑茶はあるのですが珍珠珈琲はありません。
なんでかな~。
やっぱり美味しいやん!!とホクソ笑んでたら、私がいない時は、気持ち悪いと食べなかった食いしん坊の姪(中学生)が、食べ始めるし
他の子どもたちも昼食後一斉に食べだして、たっくさんあった粉圓は、あっという間に減ってしましました。

珍珠奶茶を初めて食べたのは、台湾でなくて、モルバリに併設のエクセルソだったと思いますが
(3回ぐらい食べたかも?)
今でもこのメニューあるのかな~。
by momokka | 2009-05-18 15:36 | 美味しいもの | Comments(4)

新型インフルエンザ・・・阪神間はどんでも無いことに

e0139926_20475043.jpg

昨日から、神戸芦屋は大騒ぎでしたが
我が市は、まだ、大丈夫かしら?と
今日は、無料の映画の券がたくさん残ってたのにで
末娘を連れてクレヨンしんちゃんを見るために電車に乗りました。

そしたら三宮方面から来た電車の人の8割がマスク着用で
見たこともない雰囲気。
昨晩、慌ててマスクを買いに行ったら、ほとんど売切れになってたので
マスクしてない人は、マスクが買えなかった人かも知れない。

ああ、しまったなぁ~。神戸と反対方向の映画館とは言え、行くべきじゃ無かったかも?
と思ったけど、今更次女じ中止はあり得ない状況で。

結局映画も見て、昼過ぎには帰ってきたけど
近所のスーパーのお客さんも、マスクだらけだとか・・・。

そうこうしている内に、小学校、中学校は休みで
長女の行ってる予備校も休み
多分長男も高校休みで
そしてとうとう、保育園からも1週間休みと連絡ありました。

我が家は、長女や、私の母がいるから面倒みられるけど
親戚もいなくて、仕事も休め無い人は、どうするんだろう?
病院関係に勤めている人が一番困るんじゃないかしら?っと
エライことになったと思う現在です。
by momokka | 2009-05-17 20:48 | その他 | Comments(6)

子連れ自転車でサヌール徘徊・・・行った先は。

まだまだ、タンジュンサリネタはあるんですが
忘れそうなので別のネタで行こうと思います。
e0139926_20475914.jpg

↑の写真が前々回トピで、ファミリーバンガローに置いていたレンタサイクル。
日本にあるようなこんな自転車あったらなぁ~って思ってたら
あったんですよ。

実は、あの日朝から大雨が降りまして、ご飯の食べ終わった9時半でも、ノースリーブでは寒いぐらい。
プールで泳いでたら、ご機嫌の息子と次女は一体どうやって過ごさせたらいいのかしら?と思って考えたのがレンタサイクルでした。
3年前もサヌールの海岸をバリハイアットから、グランドバリビーチホテルまで息子と二人で走ったことがあったのですが、今回子どもを乗せる荷台付きの自転車があることを発見。
ちょうどタンジュンサリ出てすぐ右側にもレンタサイクルがあったので、こちらで借りて走ることにしました。


まず、5人に向かった先はインティバリ。(なぜだか撮ったお店の写真がありません。)


アロマオイルを買いたかったんです。
私は、ラベンダー2本と を1本買いました。
長女は、バイト先の先生に、メンズミントという石鹸を!
そして長女がこちらでファイシャルの1時間コースを受けることになったので
彼女を置いて帰りました。
(道オンチの彼女でも、インティから海にさへ出れば、絶対タンジュンサリへ帰れますし、タクシーを待ったり呼ぶ手間も要らないし、ウィンドショッピングしたければ途中で止めて見てもいいし、これが自転車の良い点ですね。)
インティバリから、残り4人は、バイパスを通ってワルンクリシュナへ行こうとしましたが、あまりの道の悪さにドロップアウト。(でもハプニングがあって結局昼ごはんはワルンクリシュナでした。別にUPしますね。)
寒かった天気は、あっという間に暑くなるし、マクドナルドの次の交差点あたりからダナウタンプリガンへ。
そしてホテルへ戻りました。

次女が昼寝している隙に長女とカフェバツトゥジンバール
海沿いに走って、パリガタホテルへ入る小道からダナウタンブリガンへ出ます。
e0139926_19245666.jpg


アイスコーヒーを頼んだのに、なぜかアイスオーレが(汗)
チーズケーキ美味しかったです。♪
長女は、キィウィのアイスクリームを!

戻ってきた頃、次女と夫も自転車でハーディズへ行って帰ったところでした。

夕方は、またもや家族で自転車に乗り夕食へ。
私はマッシモを押したんですが、スティッフチリのベビーガーリック炒めが食べたいと旦那が言うので
海岸からむかいました。
その前にプリサントリアンには2回泊まったことがあるのに、その後バリハイアットが続いていたので
先にプリまで見学へ
e0139926_21281052.jpg

びっくりしました。
すっかりお洒落に変わってたんですね~。
海水の子ども用プールもなくなって。(一体何年前の話?爆)
e0139926_21481792.jpg

e0139926_21292184.jpg

グリヤサントリアンほどでは無かったけど、白人さんで賑わっていました。
このソファとテーブルでだらだらも良さそうです。

海岸から見たアストンレジェンドもいい感じ。
e0139926_21322089.jpg

プリサントリサンを見学したら、スティフチリへ向かいました。

一番気になったのは、昔ママプトゥがあった跡地付近にインターコンチネンタルが建つらしいことです。

静かな海沿いの村、サヌールに、7ヘクタールのビーチフロントを有するこのラグジュアリーリゾート104 室の客室およびスイートルームはすべて低層の個別建築で建設されています。また、54 のプライベートヴィラがあり、水につかりながら腰掛けられる椅子付のプライベートプール、屋外シャワーや個別に仕切られた中庭を備えています。その他にも、屋内外に広大なトリートメントエリアを持つ優雅なインターコンチネンタルスパや24 時間営業で名物料理を振舞うビーチフロントレストランなど、高級なサービスを幅広くお選び頂けます


あの静かなサヌールに、高級リゾートってどうなるんだろう~。
インターコンチ・サヌールが出来たら、プリサントリアンや、アストン、ステッィフチリも一気に賑やかになりそうですね。タンジュンサリはタンジュンサリのままだと思うけど、バリハイアット大丈夫か?!

やっとスティフチリ。
30分ウロウロしてから向かったんですが、店内には1組いるだけ?
マッシモの前は、いつも車と人で一杯なのに?
え、?最近流行ってない?

e0139926_19283082.jpg

e0139926_19284786.jpg

アンティパスタミストを注文したら、昔よりたっくさんの生ハムが乗ってた。
これって5人家族用にしてくれたんやなぁ~と、ちょっと嬉しくなるmomokka。
ガーリックベビーオクトパスは今は無い。昔のメニュー!」と言われてショック。
(時々、これが美味しいと書き込みしてたのに、嘘教えてたんや~。すみません。)
相変わらず人は入ってこないし、味の方はどうなんかな~と思ったけど
特に、不味くなっているということは無かったですね。
この日もハイテンションの次女だったので、結局は、マッシモ行かなくて正解だったね・・・と言うことになりました。
e0139926_1929624.jpg

↑なぜか変なものを注文しちゃったスクランブルエッグ。
ハムが山ほど入ってて、アボガドも添えてあり、結構美味しい。
これって朝食べたらいいんちゃう?でもマッシモって朝やってるんかな~。ランチメニューはあったような・・・。

インターコンチができれば、きっと又前のように流行るよっと心の中で声かけながら
デザートは、今日2回目のカフェバトゥジンバールへ向かいました。
(こんなことが子連れでもできるのは、自転車移動だからなのよね~。)

e0139926_1945726.jpg

カフェバトゥジンバールでは、アイスやコーヒーを注文して、外の席に座りました。
(アイスコーヒーがまたもや、アイスカフェオーレ、普通のアイスコーヒーないのかしら?)

e0139926_19492095.jpg

スティッフチリで、ほろ酔い気分になってる夫と私。
いい気分と思ってたら、店内から生ピアノの音がしてくるではないですか?
ピアノの近くにテーブルの家族連れから、リクエストがあったりで
色んな曲を弾いてくれてました。

ああ、極楽~。
子連れでも味わえるこういう雰囲気日本にないねんなぁ~。
拍手の少ない中、バンド活動をしている息子と共に超ゴキゲンで拍手喝さいの我がテーブルでした。

振り返って自転車があったら、次女と二人でもサヌールを満喫できるかも?と
次回の夢が膨らみました。
by momokka | 2009-05-16 20:01 | バリ | Comments(6)

⑤Tandjung Sari タンジュンサリのファミリーバンガロー2階で昼ねすると

          写真整理してたらこんなの出てきたのでUPしておきます。
e0139926_11232957.jpg

         
実は私も眠たくなったので
ソファーが短いので、向こうにあったイスをわざわざひっぱてきて、寝てみましたがも
腰が痛くてドロップアウトしてしまいました。(泣)
夫は、この後座って本読んでたかな?
シービューだし、やっぱり絶対ここにベッドが欲しいと強く願うmomokkaです。

そして、寝ながら見える景色がこれです。クリックすると大きくなります
e0139926_1919477.jpg

by momokka | 2009-05-15 11:27 | バリ | Comments(2)